mamecco iriskyさんのページ

お住まいの地域:宮城県

お気に入りに追加

mamecco irisky

抽出したままで美味しい、アフターテイストの爽やかな珈琲が好きです。

  • mamecco iriskyさんの投稿している口コミ・評判一覧
  • お気に入りの店
  • mamecco iriskyさんのお気に入りレビュアー
  • mamecco iriskyさんをお気に入りに登録している人
店舗
評価平均:3.42
評価分布
  • 0%
  • 50%
  • 100%
5.0 (1)
4.5 (1)
4.0 (0)
3.5 (0)
3.0 (2)
2.5 (2)
2.0 (0)
1.5 (0)
1.0 (0)
珈琲豆
評価平均:1.00
評価分布
  • 0%
  • 50%
  • 100%
5.0 (0)
4.5 (0)
4.0 (0)
3.5 (0)
3.0 (0)
2.5 (0)
2.0 (0)
1.5 (0)
1.0 (1)
 

7件中、1~7件を表示

アズ・タイム

(宮城県仙台市青葉区) 

愛煙家の純喫茶

【2018年03月】雑居ビルの地下にあり、ダークな内装とあいまって、穴蔵的な居心地の良さがあります。ただし、凄まじくヤニ臭いです。各テーブルに灰皿完備、マスターも愛煙家のようです。 珈琲はブレンドのみで、「薄口」「中濃」「特濃」「デミタス」と濃度別になっていて、それぞれ豆を変えているそうです。「中濃」を頼みましたが、これがかなり濃いです。深煎りしていて、そしておそらくはロブスタが入っている。ロブスタはネスカフェの安いやつに入っている豆で、独特の苦みがあります。濃度感と鋭い苦味で飲みごたえは満点、ミルクと二種類の砂糖が供されるのは、ブラックで飲む珈琲ではないということでしょう。煙草との相性も良いはずです。 マスターは声も愛想も素敵な方です。永らく煙草を喫っていない私は二度と行かないと思いますが、愛煙家が珈琲でくつろぐには良いお店でしょう。
続きを読む»

珈琲店
3

コフィア

(山形県鶴岡市) 

苦味一辺倒

【2018年01月】ブラジルを100グラム、求めました。ストッカーから何粒かつまみ上げてから、袋詰めしてくれました。自然乾燥式のブラジルには未成熟豆がけっこう入っているものですが、「こんなもんでいいだろ」的なハンドピックです。淹れてみると、苦いのは深煎りなので当然としても、舌がしびれるような渋味がかった苦味です。甘味はまるで感じられないし、何か食べて口直しをしたくなるような「アフターテイスト」です。100グラムを飲まないで、捨ててしまいました。
続きを読む»

珈琲豆
1

コフィア

(山形県鶴岡市) 

唯我独尊 珈琲の実験室

【2018年01月】店主は吉祥寺の「もか」で修行された、珈琲マニアの間では有名な方です。「もか」の店主、標(しめぎ)氏にならってか、マスクと白衣を着用していらっしゃいます。珈琲を味わうのに会話は不要、旨い珈琲を出すことが最大のサービスと心得ているのか、客あしらいは不愛想です。作業するときの所作が「ガタン!」「バタン!」と盛大な音を立てるので、怒られているような気になります。それは何度訪れても変わらないので、不器用なのか病気なのか、慢性的に不機嫌なのか……。 嫌だったら行かなければよいのですが、感動的な珈琲に出会うこともあるので厄介です。それは深煎りだけれど、浅煎りの酸味も感じるような、多層的な味わいなのです。でもばらつきが大きくて、たとえば私のモカはまさに多層的なボディを堪能できるのに、連れのタンザニアは鋭い苦味でブラックのまま飲めないような代物でした。同じ豆でも出来不出来があるのか、得意な豆と苦手な豆があるのか、そこまでは分かりません。 100点やもしかしたら120点のときもあるけど、30点のときもある。それではプロとは言えないでしょう。実験室の主としてはマスクと白衣がふさわしい服装でしょうが、対面する客がどんな心情になるのか想像が及ばないようです。喫茶店としては星ひとつですが、思い出に残る珈琲を出していただいたこともあるし、珈琲の求道者であることに敬意を表して星三つです。
続きを読む»

珈琲店
3

Cafe地球屋

(岩手県奥州市) 

なんちゃって自家焙煎

【2017年11月】「自家焙煎」をうたっているお店ですが、小さな電気ロースターで50グラムずつ焙煎しているそうです。豆の鮮度ということでは合格で、そこいらのカフェで出てくる酸敗したコーヒーよりはましです。でも焙煎機のカロリー不足か、ハンドピックしていないのか、抽出が雑なせいか……おそらく三つともだと思いますが、酸味と甘味に乏しくコクのない、素っ気ないコーヒーでした。 店の雰囲気もフードもよい感じなので、カフェとしては悪くありません。でも「自家焙煎」と書かれていればそれなりの期待をもって訪れるわけで、それが裏切られるのは残念です。「自家焙煎」はウソではないけど、珈琲への愛情や修練がないのに名乗らないで欲しいとも思います。
続きを読む»

珈琲店
2.5

キジトラ珈琲舎

(宮城県仙台市青葉区) 

隠れ家でくつろぎたい人に

【2017年09月】雑居ビルの3階にあります。店内には焙煎機があって、豆売りもしています。脂の浮いた深煎りの豆に、シルバースキンがくっついたまんまで袋詰めされていました。ガラスのサーバーには、珈琲のシブがこびりついています。店主も常連さんも、そういうのは気にしないんでしょう。自作の大きなスピーカーから音楽が流れていて、本もたくさんありました。 珈琲は深煎りなので苦いのは当たり前ですが、その苦味がえぐみを帯びていて、甘味も感じられませんでした。そんなのが大きなマグカップで供されるのですから、正直しんどいです。ちょっと怪しくて楽しい隠れ家でくつろぎたい人には良いのでしょうが……。
続きを読む»

珈琲店
2.5

CAFE STYLE COJIRO

(東京都墨田区) 

珈琲と酒を楽しめる、大人の店

【2018年03月】「カフェスタイル コジロウ」はもともとご自宅にあったのですが、奥様が営んでいたバーとひとまとめにされたとのこと。銀座ランブルで修行されたご主人は、きっぷが良くて世話好きな江戸っ子です。焙煎にも抽出にもこだわりがあって、唯一無二のスタイルを感じました。豆によって焙煎深度を変えていらっしゃるのですが、芳醇な香りと多層的な味わいが楽しめました。 バーで珈琲をいただく感じがあって、どうも下戸にはちょいと落ち着かない。それで星を半分削らせていただきました。むろん「珈琲も酒も飲めるなんて、最高じゃないか」と思う方もいるはずで、そういう方にとっては星6つのお店になることでしょう。
続きを読む»

珈琲店
4.5

ダフニ

(東京都港区) 

珈琲の聖地

【2018年03月】日本の自家焙煎の草分け、故襟立博保氏について珈琲を学んだ桜井美佐子さんのお店です。上京する機会があったので、初めて訪れました。三田の通りからちょっと入ったところにある、外観はちょっと古びたビーンズショップです。入り口には焙煎豆の瓶と、焙煎機が置かれています。その奥にテーブル席が設けられています。珈琲の試飲コーナーのような感じで、くつろぎや軽食を提供する喫茶店ではありません。 抽出するところは見えませんでしたが、おそらくはネルドリップです。いただいたグァテマラとマタリは、どちらも深煎りでした。それでいて深煎りにありがちな刺激的な苦味はなく、軽やかで甘い味わいです。その共通点は保ちつつ、グァテマラはグァテマラらしく、マタリはマタリらしい個性が出ているように感じました。私の好みはもっと酸味の残った珈琲ですが、これはこれで敬服すべき珈琲だと感じました。 焙煎のことをうかがったら、「運動と一緒よ。頑張ろうが怠けようが、結果が出れば良いの。頑張りましたなんて言っても、結果が出なければダメだし、いくらグダグダでも結果が出れば良いの」と言われました。マニュアル的なことを教えるのは一見親切なようではあるけど、自分で考えるプロセスを奪うことにもなるということを知っている人だと思いました。優しさに裏打ちされた厳しさ、とでも言えば良いのでしょうか。 いただく珈琲は甘くてすーっと身体に染み込んでくるのですが、居ずまいを正したくなるような聖地というか、道場というか、そんな類の空間です。いつまでもお元気で、このお店が続くことを願っています。なお評価は「珈琲屋」としてのものであって、「美味しい珈琲以外のもの」を求める人には、全く向かないお店です。
続きを読む»

珈琲店
5

7件中、1~7件を表示

会員登録はこちら

mamecco iriskyさんの

■性別
男性
■血液型
O型
■年齢
40代歳
■お住まいの地域
宮城県
■珈琲を飲む頻度
1日2~3杯
■家庭での抽出方法
ペーパードリップ